読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINE MOBILE(ラインモバイル)についてのブログです。LINE MOBILEの格安SIMや格安スマホについての情報を紹介します。

LINEモバイルの良いところ8つ。メリットまとめ。格安SIMとしては回線が速い、SNSがカウントフリー、キャンペーンでお得など

LINEモバイルを使っています。ここまでとくに不満はありません。

LINEモバイル

むしろ、ここまではいい感じです。格安SIMとして、不満がないというのは、いいですよね。

ということで、LINEモバイルの良いところをまとめて書いておきます。他にも良いところはあるかもしれませんし、もしかしたら、悪いところもあるかもしれません。

それでも、この記事は、私が良いと思うところを書いてみます。

 

LINEモバイル

 

 

LINEモバイルの良いところ8つ。メリットまとめ。格安SIMとしては回線が速い、SNSがカウントフリー、キャンペーンでお得など

LINEモバイル

 

  1. 格安SIMとしては回線が速い
  2. LINEなどのSNSがカウントフリー
  3. テザリングが、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)でできる
  4. 月額料金がわかりやすい
  5. キャンペーンでお得
  6. ドコモの端末で使える
  7. 店舗で申し込み可能に
  8. 社長が、回線強化を継続すると言っている

 

LINEモバイルの良いところは、こういった8つがあるなと思っています。ということで、以下、それぞれどういうことかを、もう少し詳しく書いておきます。

LINEモバイル

LINEモバイルの良いところ:格安SIMとしては回線が速い

まず、LINEモバイルの良いところの1番目として、格安SIMとしては、回線が速いということがあります。 

2017年4月に、回線速度を測ってみました。お昼でも、2Mbpsは出ていましたので、他の格安SIMよりは、まだ速いですね。他は、お昼は、1Mbps出ないようですから。

LINEモバイルの回線速度を測ってみた。格安SIMとしてはまだ速い【2017年4月】 - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

 

回線速度

こちらは夜間です。これぐらい出ていれば、問題はないでしょう。とくに遅いと感じることなく利用できます。夜でも、これだけ出るのですから良いと思います。

ということで、LINEモバイルは、現時点では、格安SIMとしては、回線速度が速いですね。もちろん、大手の携帯電話会社のほうが速かったり、他にも速い「格安SIM」もあるでしょうけれど、格安SIMの中では、速いほうだと言えますね。

月額料金・プランが比較的わかりやすい

そして、LINEモバイルは、月額料金、プランがわかりやすいですね。大手の携帯電話会社、ドコモ、au、ソフトバンクは、複雑すぎてなんだかよく分からない感じになっていますが、LINEモバイルは、比較的わかりやすいです。

 

LINEフリープラン

コミュニケーションフリープラン

MUSIC+プラン

 

の3つのプランがあります。これらに、それぞれ、「データのみ」と「データ+SMS付き」と、「SMSと音声付き」があります。9つということですね。そして、あとは、データ容量で料金が違ってきます。

 

例えば、まず、SNSを色々利用したいなら、コミュニケーションフリープラン。

電話したいなら、音声付きで、あとは、自分に必要なデータ容量を選ぶ。

そんな感じで選ぶことができます。

 

ちなみに、オススメは、コミュニケーションフリープランです。あとは、データ容量を、3GB、5GB、7GB、10GBから選べば良いですよね。

コミュニケーションフリープランの5GBで、月額2,220円です。やっぱり安いですよね。大手の携帯電話会社の半額くらいになるかもしれません。

 

さらに、料金プランの詳しいことは以下の記事にまとめました。参考にしてみてください。

LINEモバイルの料金プラン。月額料金、価格、通信容量などのまとめ。オススメの料金プランは? - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

 

LINEなどのSNSがカウントフリー

カウントフリー

また、LINEモバイルは、LINEやFacebook、TwitterなどのSNSが、通信量としてはカウントされません。プランによって、どのSNSがカウントフリーかは変わってきますが、SNSがカウントフリーです。

 

もう少し詳しく書くと

 

LINEフリープランは、LINEアプリの通話とデータがフリーですね。

コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがフリーですね。

MUSIC+プランも、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがフリーです。これに、LINE MUSICのデータがフリーになります。

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

iPhoneで使用しているデータ容量を確認する場合

ということで、LINEモバイルだと、ソーシャルメディアの利用が多い人は、かなりお得に使えますね。このあたりは、実際にどれくらいの量を使っているかを、スマホで確認すると、データ容量がどれだけ抑えられるかがわかりますね。

iPhoneの場合は、「設定」から「モバイルデータ通信」で、下のほうにアプリごとのデータ通信量がわかります。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramで見てみて、それらのデータ通信量が多い人ほど、お得になるでしょう。意外と思った以上に、SNSで使っているという人も多いと思うので、確認してみると良いですね。

テザリングが、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)などでできる

それから、デザリングという、パソコンやタブレットなどをスマホにつなげて、ネット通信ができる機能があります。

これが、LINEモバイルでは、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)で可能です。あとは、対応しているAndroidスマホなら、テザリング可能ですね。

UQモバイルやmineo(auプラン)では、iPhone7では、今のところはできませんね。

ドコモの回線を使った格安SIMなら、たいていデザリングが可能のようですが、そもそも回線速度が速くないので、パソコンやタブレットでテザリングしても遅くて辛いです。私が以前使っていた、他の格安SIMでは、0.5Mbpsも出なかったので、ちょっと使う気にはなれませんでした。

 

そういう意味では、LINEモバイルなら、まだもう少しは速いので、テザリングも「使える」というのはありますね。

ということで、LINEモバイルで、デザリングが、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)などでできるのは、良いところだと思います。

LINEモバイルの良いところ:キャンペーンでお得

そして、LINEモバイルは、現在春のキャンペーンを行なっています。

2017年4月30日までに利用開始すると、月額料金が3カ月間無料になるということです。

LINEモバイルの春のキャンペーンまとめ【2017年4月】 - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINEモバイル「春の新生活応援キャンペーン」を実施。音声SIMを新規契約すると月額基本料金が最大3カ月間無料に - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

3カ月分の月額料金がお得です。

ということなので、LINEモバイルを利用するなら、4月30日までに、利用開始したいですよね。

 

これが終わると、春のキャンペーンが終わるので、このあとどうなるのかはわかりませんね。春は、やはり回線を変えるという人は多いので、新規ユーザーの獲得時期で、こういうのは行いますが、終わったら次はどうなるのかはわかりません。

なので、利用開始するなら、今が、お得ですね。

LINEモバイル

ドコモのスマホ・端末で使える

また、LINEモバイルのSIMは、基本的にドコモのスマホ、端末で使えます。(あとは、対応しているSIMロックフリー端末。)

これは、当たり前といえば当たり前ですが、ドコモのスマホで使えるというのは、良いですよね。やはり、今、ドコモのスマホを使っていて、MNPで乗り換えるという人は多いでしょうから。

 

逆に、auやソフトバンクでは、SIMロックを解除するなどしないと使えないのですが。

まあ、そういう時は、新たに格安スマホを買うか、SIMロックを解除するか、白ロムのドコモのスマホを買うかでしょうか。

 

いずれにしても、LINEモバイルは、基本的にドコモのスマホを使えるというのがあります。ドコモなら、端末が多いので、中古や白ロムだと選択肢は多いですよね。

店舗でも申し込み可能になった

まだ、対応店舗は少ないですが、ビックカメラ、ヨドバシカメラで、申し込み手続きが可能になっています。

これまで、LINEモバイルは、ウェブのみでの申し込みでしたが、3月からビックカメラとヨドバシカメラの一部店舗で受付を始めています。

わからないことがあるという人は、相談しながら、申し込みができるということなので、店舗で申し込んでみるというのもありでしょう。

今後、対応店舗が増えるのかわかりませんが、どうしてもわからないなら、こういう対応があるのは良いですよね。

電話による対応もある

ちなみに、LINEモバイルは、電話による対応もしています。

LINEモバイル カスタマーセンター:0120-142-275 受付時間:10:00~19:00(年中無休)

なかなかつながりにくいようですが、店舗が近くになくて、どうしてもわからないことがある場合は、電話してみるというのもありでしょう。つながりにくいのは辛いですが、こういうのも一応あるということなので、良いですよね。

メールでの対応もある

さらに書くと、メールでも対応してくれるということです。LINEモバイルのサポートページから探してみると、メールフォームがあるので、そちらから対応してくれるということです。

利用前には、こちらでメールでも問い合わせをしてみると良いかもしれませんね。

また、利用開始すると、LINEでもサポートがありますが、それは、また違う話というか、利用前に知りたいことは多かったりするので、これはそういうサポートもあるということです。

社長が、「回線強化を継続する」と言っている

LINEモバイルの社長、嘉戸彩乃社長が、言い方は少し違うのですが、回線強化を継続するといったことを言っています。

LINEモバイル、ユーザーが急増しても通信速度は大丈夫? - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

最終的には、ちゃんといい回線を提供してほしいというのが、ユーザーの願いではないでしょうか。一喜一憂させるようなことをしてはいけないと思っています。

ということで、テレビCMをLINEモバイルが開始して、これからさらにLINEモバイルのユーザーが増えていくことが予想されます。

そうなると、通信速度の低下が懸念されます。

しかし、嘉戸彩乃社長は、通信速度で、一喜一憂させるようなことはしてはいけないと思っているということです。

 

社長がここまで言っているのですから、今後も、LINEモバイルの回線速度が落ちるということは、きっとないでしょう。

もちろん、技術的な問題で遅くなることなどはあるのでしょうけれど、余裕を持って、回線を増強していってくれることでしょう。

社長が、ここまで言うのは、あまりないと思うので、LINEモバイルの良いところだろうと思います。

LINEモバイルの良いところをまとめてみて

後発だから、ユーザーの欲しいところを押さえている

ということで、ここまでLINEモバイルの良いところをまとめてみて思ったのですが、ユーザーの欲しいところをきちんと押さえているということを感じます。

LINEモバイルは、格安SIMとしては後発です。そういう意味では、他の格安SIMの不満点などを把握して、サービスを展開できるというのがありますね。

LINEモバイル

そんなLINEモバイルですが、LINEモバイルの大きな特徴は、SNSのカウントフリー以外だと、回線速度が速いということぐらいかもしれません。あとは、そこまで、他の格安SIMとは変わらない。というか、格安SIMで差別化するのはむずかしいというのはありますよね。

ですから、今後も、回線速度を維持してもらえたら、LINEモバイルは好感度を維持して、ユーザーにも満足な格安SIMになっていくのだろうと思います。

他に比べて、回線速度が速いので、良い選択肢に

というか、他のドコモ回線を使った格安SIMの速度が遅いというのがありますよね。

ということで、今現在だと、ドコモ回線を使った格安SIMとしては、LINEモバイルが良い選択肢ですね。

ちなみに、auの回線なら、UQモバイルが良いですね。LINEモバイルよりも速いですから。ただ、auの端末かSIMフリーモデルで対応している端末でしか使えないので選択肢が限られてきますが。

UQモバイル

ということで、今、ドコモの端末、回線で格安SIMにしたいなら、LINEモバイルというのが、良い選択だろうと思います。