読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINE MOBILE(ラインモバイル)についてのブログです。LINE MOBILEの格安SIMや格安スマホについての情報を紹介します。

LINEモバイルデビュー応援! 2ヶ月連続3GB増量キャンペーンがスタート。2017年8月31日までの利用開始で

LINEモバイルデビュー応援! 2ヶ月連続3GB増量キャンペーンがスタートしました。

LINEモバイル

2017年3月31日まで終了したデータ増量キャンペーンが、再度行われるということです。

 

f:id:kobatikarani:20170518095442j:plain

 

LINEモバイルデビュー応援! 2ヶ月連続3GB増量キャンペーンがスタート。2017年8月31日までの利用開始で

キャンペーン名

LINEモバイルデビュー応援
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン

 

キャンペーン内容

対象者に、利用開始日の属する月の翌月から2ヶ月間、3GBを付与


対象期間

2017/5/1(月)~ 8/31(木)

締め切りは、2017年8月31日なのですが、これまでに利用を開始することが条件ですね。

申し込みではないので、注意が必要です。


対象者

対象期間中にLINEモバイルを利用開始し、「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」をご利用の方


※ご利用開始日は、MNPでご契約の場合、開通完了日の翌日、新規番号でご契約の場合は、SIMカード出荷の翌々日です。

ということなので、ちょっと余裕が必要ですね。

LINEモバイル

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは、以下の記事にまとめてあります。簡単に紹介すると。

LINEモバイルの料金プラン。月額料金、価格、通信容量などのまとめ。オススメの料金プランは? - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

 

LINEフリープラン
コミュニケーションフリープラン
MUSIC+プラン

 

の3つがあります。

 

そして、今回の「LINEモバイルデビュー応援! 2ヶ月連続3GB増量キャンペーン」は、このうち「コミュニケーションフリープラン」と「MUSIC+プラン」を利用する人が適用されるということですね。

 

コミュニケーションフリープラン

次に、LINEモバイルの料金プランとして、コミュニケーションフリープランは、月額1,110円からで、LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題です。

容量と月額の料金は、以下のようになっています。データSIMと音声通話SIMで料金が異なります。

 

データSIM(SMS付き)(データ通信+SMS) 
3GB 月額1,110円
5GB 月額1,640円
7GB 月額2,300円
10GB 月額2,640円

 

音声通話SIM(データ通信+SMS+音声通話)20円/30秒で通話可能

3GB 月額1,690円
5GB 月額2,220円
7GB 月額2,880円
10GB 月額3,220円

 

コミュニケーションフリープランは、こんな感じですね。10GBで、この価格はお得でしょう。

 

MUSIC+プラン

このMUSIC+プランは、LINEモバイルの3つ目の料金プランですね。

月額1,810円からで、LINE MUSICに加えてLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題です。LINE MUSICもカウントフリーになるということですね。

上のコミュニケーションフリープランに、LINE MUSICが加わったものですね。

 

データSIM(SMS付き)(データ通信+SMS) 
3GB 月額1,810円
5GB 月額2,140円
7GB 月額2,700円
10GB 月額2,940円

 

音声通話SIM(データ通信+SMS+音声通話)20円/30秒で通話可能

3GB 月額2,390円
5GB 月額2,720円
7GB 月額3,280円
10GB 月額3,520円

 

こちらも、10GBでも、これぐらいの価格なので、お得ですよね。

 

LINEモバイルを利用するなら、今がお得!

ということで、「LINEモバイルデビュー応援! 2ヶ月連続3GB増量キャンペーン」がスタートしました。

LINEモバイルを利用開始するなら、今がお得ですね。

VAIO Phone AがLINEモバイルでも販売。5.5インチディスプレイで、DSDSのAndroidスマホ。安曇野FINISHで高品質

VAIO Phone AがLINEモバイルでも販売しています。価格は、24,800円(税別)とのこと。

LINEモバイル

格安スマホとしては、なかなかのAndroidスマホだと思います。

ということで、紹介しておきます。

 

f:id:kobatikarani:20170418144453j:plain

 

VAIO Phone AがLINEモバイルでも販売。5.5インチディスプレイでDSDSのAndroidスマホ。安曇野FINISHで高品質

VAIO Phone A

VAIO Phone Aは、VAIOのAndroidスマホですね。

これまで、VAIO Phoneは、OSがWindows 10 Mobileでしたが、OSがAndroidになっています。

ここが大きな変化です。

そして、当然、LINEモバイルでも使えます。

LINEモバイル

主な仕様、スペック

端末名VAIO Phone A
カラー シルバー
OS Android™ 6.0.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコア、1.5 GHz(クアッドコア) + 1.2 GHz(クアッドコア)
通信速度
下り(受信時)最大225Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
内蔵メモリ RAM:3GB / ROM:16GB / microSDスロット(最大64GB)
カメラ
メインカメラ:約1300万画素
インカメラ:約500万画素
バッテリー容量 2,800mAh
サイズ 約 幅77.0mm × 高さ156.1mm × 厚さ8.3mm
質量 約167g
ディスプレイ 5.5インチ, FHD(1920 × 1080ドット)
付加機能 Dual SIM Dual Standby / VoLTE / 加速度センサー / 電子コンパス / 近接センサー / 光センサー / A-GPS
SIMサイズ マイクロSIM、ナノSIM ※ナノSIMカードとmicroSDメモリーカードは同時使用不可。

 

価格は、24,800円(税別)

VAIO Phone Aの価格は、24,800円(税別)ということです。

格安スマホとして、比較的安価な価格だと思います。

 

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応で、まいくろSIMとナノSIMが使えます。 ナノSIMカードとmicroSDメモリーカードは同時使用はできないということですね。

このあたりは、 他の格安スマホと同じような仕様ですね。

安曇野FINISH

f:id:kobatikarani:20170418144316j:plain

安曇野FINISHということで、VAIOの長野県安曇野工場で出荷直前に1台1台検品を手作業で行っているそうです。

VAIOで人が検査しているということですね。ちょっと手間がかかっていますね。

VAIO Phone Aは、5.5インチFullHDディスプレイ

5.5インチのフルHDディスプレイです。少し画面が大きめですね。

しかし、重さは、約167gとそこまで重くはありません。

画面が大きいけれど、そこまで重くはないというのはいいですね。iPhone 7 Plusだと同じ5.5インチで、約188グラムと20グラムほど重くなりますから。

おサイフケータイには非対応、防水もなし

とはいえ、おサイフケータイには非対応で、防水もありません。

まあ、格安スマホだと、おサイフケータイに対応しているものは限られていますし、防水のものもあまりありません。

そう考えると、VAIO Phone Aのメリットは、日本のメーカーだということぐらいしかないのかもしれませんね。

それでも、日本のメーカーという安心感はあるかもしれません。

この価格帯だと

この価格帯だと、Huawei P9 liteなどが候補になるでしょうか。

そういうスマホとVAIO Phone Aを比較して、どうかを考えて、購入してみると良さそうですね。

LINEモバイル

LINEモバイルの販売端末に、HUAWEI nova liteとHUAWEI MediaPad T2 7.0 Proが追加 - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINEモバイルの良いところ8つ。メリットまとめ。格安SIMとしては回線が速い、SNSがカウントフリー、キャンペーンでお得など - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINEモバイルの良いところ8つ。メリットまとめ。格安SIMとしては回線が速い、SNSがカウントフリー、キャンペーンでお得など

LINEモバイルを使っています。ここまでとくに不満はありません。

LINEモバイル

むしろ、ここまではいい感じです。格安SIMとして、不満がないというのは、いいですよね。

ということで、LINEモバイルの良いところをまとめて書いておきます。他にも良いところはあるかもしれませんし、もしかしたら、悪いところもあるかもしれません。

それでも、この記事は、私が良いと思うところを書いてみます。

 

LINEモバイル

 

 

LINEモバイルの良いところ8つ。メリットまとめ。格安SIMとしては回線が速い、SNSがカウントフリー、キャンペーンでお得など

LINEモバイル

 

  1. 格安SIMとしては回線が速い
  2. LINEなどのSNSがカウントフリー
  3. テザリングが、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)でできる
  4. 月額料金がわかりやすい
  5. キャンペーンでお得
  6. ドコモの端末で使える
  7. 店舗で申し込み可能に
  8. 社長が、回線強化を継続すると言っている

 

LINEモバイルの良いところは、こういった8つがあるなと思っています。ということで、以下、それぞれどういうことかを、もう少し詳しく書いておきます。

LINEモバイル

LINEモバイルの良いところ:格安SIMとしては回線が速い

まず、LINEモバイルの良いところの1番目として、格安SIMとしては、回線が速いということがあります。 

2017年4月に、回線速度を測ってみました。お昼でも、2Mbpsは出ていましたので、他の格安SIMよりは、まだ速いですね。他は、お昼は、1Mbps出ないようですから。

LINEモバイルの回線速度を測ってみた。格安SIMとしてはまだ速い【2017年4月】 - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

 

回線速度

こちらは夜間です。これぐらい出ていれば、問題はないでしょう。とくに遅いと感じることなく利用できます。夜でも、これだけ出るのですから良いと思います。

ということで、LINEモバイルは、現時点では、格安SIMとしては、回線速度が速いですね。もちろん、大手の携帯電話会社のほうが速かったり、他にも速い「格安SIM」もあるでしょうけれど、格安SIMの中では、速いほうだと言えますね。

月額料金・プランが比較的わかりやすい

そして、LINEモバイルは、月額料金、プランがわかりやすいですね。大手の携帯電話会社、ドコモ、au、ソフトバンクは、複雑すぎてなんだかよく分からない感じになっていますが、LINEモバイルは、比較的わかりやすいです。

 

LINEフリープラン

コミュニケーションフリープラン

MUSIC+プラン

 

の3つのプランがあります。これらに、それぞれ、「データのみ」と「データ+SMS付き」と、「SMSと音声付き」があります。9つということですね。そして、あとは、データ容量で料金が違ってきます。

 

例えば、まず、SNSを色々利用したいなら、コミュニケーションフリープラン。

電話したいなら、音声付きで、あとは、自分に必要なデータ容量を選ぶ。

そんな感じで選ぶことができます。

 

ちなみに、オススメは、コミュニケーションフリープランです。あとは、データ容量を、3GB、5GB、7GB、10GBから選べば良いですよね。

コミュニケーションフリープランの5GBで、月額2,220円です。やっぱり安いですよね。大手の携帯電話会社の半額くらいになるかもしれません。

 

さらに、料金プランの詳しいことは以下の記事にまとめました。参考にしてみてください。

LINEモバイルの料金プラン。月額料金、価格、通信容量などのまとめ。オススメの料金プランは? - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

 

LINEなどのSNSがカウントフリー

カウントフリー

また、LINEモバイルは、LINEやFacebook、TwitterなどのSNSが、通信量としてはカウントされません。プランによって、どのSNSがカウントフリーかは変わってきますが、SNSがカウントフリーです。

 

もう少し詳しく書くと

 

LINEフリープランは、LINEアプリの通話とデータがフリーですね。

コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがフリーですね。

MUSIC+プランも、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがフリーです。これに、LINE MUSICのデータがフリーになります。

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

iPhoneで使用しているデータ容量を確認する場合

ということで、LINEモバイルだと、ソーシャルメディアの利用が多い人は、かなりお得に使えますね。このあたりは、実際にどれくらいの量を使っているかを、スマホで確認すると、データ容量がどれだけ抑えられるかがわかりますね。

iPhoneの場合は、「設定」から「モバイルデータ通信」で、下のほうにアプリごとのデータ通信量がわかります。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramで見てみて、それらのデータ通信量が多い人ほど、お得になるでしょう。意外と思った以上に、SNSで使っているという人も多いと思うので、確認してみると良いですね。

テザリングが、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)などでできる

それから、デザリングという、パソコンやタブレットなどをスマホにつなげて、ネット通信ができる機能があります。

これが、LINEモバイルでは、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)で可能です。あとは、対応しているAndroidスマホなら、テザリング可能ですね。

UQモバイルやmineo(auプラン)では、iPhone7では、今のところはできませんね。

ドコモの回線を使った格安SIMなら、たいていデザリングが可能のようですが、そもそも回線速度が速くないので、パソコンやタブレットでテザリングしても遅くて辛いです。私が以前使っていた、他の格安SIMでは、0.5Mbpsも出なかったので、ちょっと使う気にはなれませんでした。

 

そういう意味では、LINEモバイルなら、まだもう少しは速いので、テザリングも「使える」というのはありますね。

ということで、LINEモバイルで、デザリングが、iPhone7(ドコモ版、SIMフリー)などでできるのは、良いところだと思います。

LINEモバイルの良いところ:キャンペーンでお得

そして、LINEモバイルは、現在春のキャンペーンを行なっています。

2017年4月30日までに利用開始すると、月額料金が3カ月間無料になるということです。

LINEモバイルの春のキャンペーンまとめ【2017年4月】 - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINEモバイル「春の新生活応援キャンペーン」を実施。音声SIMを新規契約すると月額基本料金が最大3カ月間無料に - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

3カ月分の月額料金がお得です。

ということなので、LINEモバイルを利用するなら、4月30日までに、利用開始したいですよね。

 

これが終わると、春のキャンペーンが終わるので、このあとどうなるのかはわかりませんね。春は、やはり回線を変えるという人は多いので、新規ユーザーの獲得時期で、こういうのは行いますが、終わったら次はどうなるのかはわかりません。

なので、利用開始するなら、今が、お得ですね。

LINEモバイル

ドコモのスマホ・端末で使える

また、LINEモバイルのSIMは、基本的にドコモのスマホ、端末で使えます。(あとは、対応しているSIMロックフリー端末。)

これは、当たり前といえば当たり前ですが、ドコモのスマホで使えるというのは、良いですよね。やはり、今、ドコモのスマホを使っていて、MNPで乗り換えるという人は多いでしょうから。

 

逆に、auやソフトバンクでは、SIMロックを解除するなどしないと使えないのですが。

まあ、そういう時は、新たに格安スマホを買うか、SIMロックを解除するか、白ロムのドコモのスマホを買うかでしょうか。

 

いずれにしても、LINEモバイルは、基本的にドコモのスマホを使えるというのがあります。ドコモなら、端末が多いので、中古や白ロムだと選択肢は多いですよね。

店舗でも申し込み可能になった

まだ、対応店舗は少ないですが、ビックカメラ、ヨドバシカメラで、申し込み手続きが可能になっています。

これまで、LINEモバイルは、ウェブのみでの申し込みでしたが、3月からビックカメラとヨドバシカメラの一部店舗で受付を始めています。

わからないことがあるという人は、相談しながら、申し込みができるということなので、店舗で申し込んでみるというのもありでしょう。

今後、対応店舗が増えるのかわかりませんが、どうしてもわからないなら、こういう対応があるのは良いですよね。

電話による対応もある

ちなみに、LINEモバイルは、電話による対応もしています。

LINEモバイル カスタマーセンター:0120-142-275 受付時間:10:00~19:00(年中無休)

なかなかつながりにくいようですが、店舗が近くになくて、どうしてもわからないことがある場合は、電話してみるというのもありでしょう。つながりにくいのは辛いですが、こういうのも一応あるということなので、良いですよね。

メールでの対応もある

さらに書くと、メールでも対応してくれるということです。LINEモバイルのサポートページから探してみると、メールフォームがあるので、そちらから対応してくれるということです。

利用前には、こちらでメールでも問い合わせをしてみると良いかもしれませんね。

また、利用開始すると、LINEでもサポートがありますが、それは、また違う話というか、利用前に知りたいことは多かったりするので、これはそういうサポートもあるということです。

社長が、「回線強化を継続する」と言っている

LINEモバイルの社長、嘉戸彩乃社長が、言い方は少し違うのですが、回線強化を継続するといったことを言っています。

LINEモバイル、ユーザーが急増しても通信速度は大丈夫? - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

最終的には、ちゃんといい回線を提供してほしいというのが、ユーザーの願いではないでしょうか。一喜一憂させるようなことをしてはいけないと思っています。

ということで、テレビCMをLINEモバイルが開始して、これからさらにLINEモバイルのユーザーが増えていくことが予想されます。

そうなると、通信速度の低下が懸念されます。

しかし、嘉戸彩乃社長は、通信速度で、一喜一憂させるようなことはしてはいけないと思っているということです。

 

社長がここまで言っているのですから、今後も、LINEモバイルの回線速度が落ちるということは、きっとないでしょう。

もちろん、技術的な問題で遅くなることなどはあるのでしょうけれど、余裕を持って、回線を増強していってくれることでしょう。

社長が、ここまで言うのは、あまりないと思うので、LINEモバイルの良いところだろうと思います。

LINEモバイルの良いところをまとめてみて

後発だから、ユーザーの欲しいところを押さえている

ということで、ここまでLINEモバイルの良いところをまとめてみて思ったのですが、ユーザーの欲しいところをきちんと押さえているということを感じます。

LINEモバイルは、格安SIMとしては後発です。そういう意味では、他の格安SIMの不満点などを把握して、サービスを展開できるというのがありますね。

LINEモバイル

そんなLINEモバイルですが、LINEモバイルの大きな特徴は、SNSのカウントフリー以外だと、回線速度が速いということぐらいかもしれません。あとは、そこまで、他の格安SIMとは変わらない。というか、格安SIMで差別化するのはむずかしいというのはありますよね。

ですから、今後も、回線速度を維持してもらえたら、LINEモバイルは好感度を維持して、ユーザーにも満足な格安SIMになっていくのだろうと思います。

他に比べて、回線速度が速いので、良い選択肢に

というか、他のドコモ回線を使った格安SIMの速度が遅いというのがありますよね。

ということで、今現在だと、ドコモ回線を使った格安SIMとしては、LINEモバイルが良い選択肢ですね。

ちなみに、auの回線なら、UQモバイルが良いですね。LINEモバイルよりも速いですから。ただ、auの端末かSIMフリーモデルで対応している端末でしか使えないので選択肢が限られてきますが。

UQモバイル

ということで、今、ドコモの端末、回線で格安SIMにしたいなら、LINEモバイルというのが、良い選択だろうと思います。

LINEモバイルの回線速度を測ってみた。格安SIMとしてはまだ速い【2017年4月】

4月になりました。ということで、LINEモバイルの回線速度を測ってみました。

LINEモバイル

 

LINEモバイルは、回線速度が速い格安SIMとして、このところ話題でした。顧客満足度も高いですね。

最近、のんさんが登場するテレビCMも開始して、ユーザーが増えていくのではないかと思われます。そうなると、回線速度の低下が気になるところです。

ということでもないのですが、新年度なので、LINEモバイルの回線速度を測定しました。

1カ所での測定なので、あくまで参考ではありますが、実際の例として考えてもらえればと思います。

 

LINEモバイル

 

LINEモバイルの回線速度を測ってみた。格安SIMとしてはまだ速い【2017年4月】 

2017年4月3日お昼頃 下り1.86Mbps 上り23.14Mbps

2017年4月3日お昼頃

4月3日のLINEモバイルのお昼頃の回線速度ですね。

下りが1.86Mbpsで、上りが23.14Mbpsとなっています。

かなり、上りと下りで、差がありますね。

そして、2Mbpsを切っているので、少し遅く感じることもあるかもしれません。だいたい2Mbpsあれば、ホームページを見るくらいなら、遅く感じることもないですが、これ以下になってくると、遅く感じることもあるでしょう。

 

それでも、他の格安SIMでは、お昼の時間帯は、もっと遅いところがほとんどなので、LINEモバイルは速いほうですね。

 

2017年4月4日(日)夜 下り7.91Mbps 上り22.62Mbps

2017年4月4日(日)夜

4月4日のLINEモバイルの夜8時ごろの回線速度テストですね。

 

下りが、7.91Mbpsとなっています。また、上りが、22.62Mbpsです。 

夜のこの時間帯から、ネットは混雑してくる時間です。

これだけの速度が出れば、基本的には、十分でしょう。

 

この後も、遅くなったようには感じませんでした。

 

以前よりは遅くなっているが、他の格安SIMよりは速い

LINEモバイルの速度は、以前より遅くなっています。

以前は、こんな速度も出ていましたから。とはいえ、他の格安SIMよりは速いでしょう。

 

f:id:kobatikarani:20170124135242j:plain

 

LINEモバイルは、格安SIMとしてはまだ回線速度は速い

LINEモバイルは、格安SIMとしては、まだ回線速度は速いですね。

というかもっと速い回線だと、UQモバイルなどの大手の携帯電話会社のサブブランドでないと、格安SIMではないのではないでしょうか。

というか、このぐらいの速度で速いとなってしまう、格安SIMも問題なような気もしなくもないですが、いずれにしても、LINEモバイルは、まだ回線速度は速いですね。

 

この速度で、この料金なら、ほぼ納得です。ちなみに、LINEモバイルの料金は、以下の記事でまとめてあります。

LINEモバイルの料金プラン。月額料金、価格、通信容量などのまとめ。オススメの料金プランは? - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

 

ただ気になるのは、テレビCMの影響でしょうか。これから、LINEモバイルの認知度が上がって、さらにユーザーは増えることでしょう。それがどこまで回線速度に影響するのか。

とはいえ、社長は大丈夫だと言っていますね。

LINEモバイル、ユーザーが急増しても通信速度は大丈夫? - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

ということで、今のところは、LINEモバイルの回線速度は、速いです。

今後も、不定期で、回線速度を測ってみたいと思っています。

LINEモバイル、ユーザーが急増しても通信速度は大丈夫?

 

LINEモバイル、このところ、新しい展開をしていますよね。

 

LINEモバイル

店舗を展開したり、テレビCMを開始するなど、ユーザーを増やすために、本格的な展開をしています。

気になるのは、ユーザーが増えて、回線速度が遅くならないかということです。回線速度が遅くなったら、LINEモバイルも、他の格安SIMと同様になってしまいますよね。

ユーザーが少ないうちは良いのですが、増えるとやはり心配です。

このあたり、どうなのか?

 

LINEモバイルの社長、嘉戸彩乃社長がITmediaのインタビューに答えています。

f:id:kobatikarani:20170123142936j:plain

LINEモバイル、ユーザーが急増しても通信速度は大丈夫?

一喜一憂させるようなことはしない 

本格展開を開始した「LINEモバイル」 嘉戸社長が語る“ユーザー目線”の戦略 (2/4) - ITmedia Mobile

―― 増強スケジュールなどは決まっているのでしょうか。逐一プレスリリースを出すMVNOもありますが、どの程度増やしたのかが分からないとあまり意味がないような気もしています。

嘉戸氏 うちも月3回はやってますからね。でも、これは当たり前で、やらないといけないことなんです。本当はユーザーに、増強したなんて感じさせない方がいい。そうはいっても気にされる方はいるので、ちゃんとコミュニケーションを取るようにはしていますが。

増強は、月3回やっていて、ユーザーに増強したことを感じさせないようにしたいということのようです。

最終的には、ちゃんといい回線を提供してほしいというのが、ユーザーの願いではないでしょうか。一喜一憂させるようなことをしてはいけないと思っています。

ということで、回線速度で、一喜一憂させるようなことはしないということで、余裕を持って展開していくようですね。

 

これなら、ちょっと安心ですね。

今後も、大丈夫なのではないでしょうか。

店舗では、どれだけ増えるか「読める」

1店舗あたり、何人処理できるかの最大値が決まっているからです。ですから、逆にリアル店舗は読みやすいんです。店員さんがいて、店舗のクルーを処理できる1日の量も決まっています。どんなにやっても「こんなもの」というレンジには収まりますし、実際初日の動向も、予測のレンジ内にありました。Webの方が制限のないこともあって、読みづらいですね。もちろん、例えば(ビックカメラのある)有楽町店はサラリーマンの聖地でもあるので、昼は全然いないのに、夜たくさん来てしまったりということはありますが。

リアル店舗では、処理できる数がわかるので、店舗では読めるということですね。

このため、回線の負荷も、だいたいわかるということのようです。

 

これも、安心ですね。

 

LINEモバイル以外は、速い回線があまりない

ほんと、他の格安SIMは、正直、回線速度では、ほとんど全滅していますよね。

LINEモバイル以外だと、mineoと、UQmobile、Y!モバイルぐらいではないでしょうか。

 

UQmobile、Y!モバイルは、auとソフトバンクのサブブランドです。

サブブランド以外だと、LINEモバイル、mineoぐらいがなんとか使えるという感じですよね。

mineoは、お昼の時間帯は厳しいですし。

 

格安SIMは、他は安かろう遅かろう?

正直、格安SIMは、上記の4社以外は、安かろう遅かろうになっているのところがあるようにも見えます。

遅くても安ければ良い人にはそれでもいいのでしょうけれど、格安SIMでもやっぱり速いほうがいいですよね。

 

そう考えると、LINEモバイルには頑張ってもらいたいところです。

 

LINEモバイルも遅くなったら

LINEモバイルも遅くなったら、個人的には、UQモバイルということになるかなと思います。

安定して、速いです。

ただ、auのスマホかSIMロックされていないスマホでしか使えないので、ちょっと「使い回し」ができないです。

そして、UQモバイルは、iPhone7で、テザリングが今のところできません。

LINEモバイルでは、iPhone7でもテザリングが可能です。これは、いいですよね。

LINEモバイルでは、iPhone7でもテザリングができる。そしてリーズナブル・コスパ高い - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINEモバイルでは、iPhone7でもテザリングができる。リーズナブル・コスパ高い テザリングができるというのは良いですよね。 まあ、最近の大手のドコモやau、ソフトバンクのiPhone、Androidスマホでは、テザリングができる機種がほとんどで、できないほうが稀ですが。 しかし、UQモバイルやmineoなどだと、iPhone7では、テザリングができないのですよね。残念ながら。 これが、LINEモバイルでは、SIMフリーモデルのiPhone7/7 Plusと、ドコモのiPhone7/7 Plusでも、テザリングができます。

 

にしても、LINEモバイルも回線速度が遅くなったら、 ドコモは、格安SIMは、やっぱりやりたくないということなのかもしれませんね。

 

そういう意味でも、LINEモバイルにがんばって欲しいです。

 

ユーザーも増やしつつ、回線速度も維持するのはむずかしいのでしょうけれど

ユーザーも増やしつつ、回線速度も維持するのはむずかしいのでしょうけれど、やって欲しいところですね。

 

いずれにしても、現在は、格安SIMとしては、LINEモバイルの回線速度は速いです。

LINEモバイルの回線速度を測ってみた。格安SIMとしてはまだ速い【2017年4月】 - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINEモバイルの回線速度

 

LINEモバイルの春のキャンペーンは、お得

そして、LINEモバイルは、春のキャンペーンもやっています。

詳しくは、以下にまとめました。

LINEモバイルの春のキャンペーンまとめ【2017年4月】 - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

料金がお得になったり、容量も多くなります。

 

LINEモバイルを利用するなら、今だと思います。

ということで、検討されている方は、料金などを見て、決めると良いですね。

LINEモバイルの料金プラン。月額料金、価格、通信容量などのまとめ - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

LINEモバイルの良いところ8つ。メリットまとめ。格安SIMとしては回線が速い、SNSがカウントフリー、キャンペーンでお得など - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

 

LINEモバイルの満足度は93%。解約率はわずか1.2%

 LINEモバイルが、サービス開始半年間の実績などについて発表しています。LINEモバイルの満足度は93%で、解約率はわずか1.2%だそうです。

LINEモバイル

f:id:kobatikarani:20170315112104j:plain

linecorp.com

LINEモバイルの満足度は93%。解約率はわずか1.2%

LINEモバイルの満足度は93%

1万人を対象に調査を実施し、満足度は93%だったそうです。かなり高いですね。

ほとんどの人が満足しているということでしょう。

価格も安いですし、速度も速い。これなら満足しますよね。

解約率は1.2%

さらに驚くのは、解約率が、1.2%ということです。まだ半年だからというのはあると思いますが、これはかなり低いでしょう。

満足して使っているユーザーが多いということなのでしょうね。

 

今後も安定した速度を提供する

「速度」では、「非常に良い回線だ という評価をもらっている」ということで、「今後も安定した速度を提供する」ということです。

個人的には、速度が速めというのが、LINEモバイルの良いところだと思います。

これで遅いなら、あまりメリットはないというか、他の格安SIMと同じになってしまいます。

いろいろなサービスを充実させてきているLINEモバイルですが、ユーザーも順調に増えているようです。これで、回線速度が落ちたら、他の格安SIMと同じでしょう。

今後も、安定した速度で利用できるようにしてほしいものですね。

「申し込み件数」、「平均月額基本利用料」ともに大きく成長

2016年10月と2017年2月の月別の「週次平均申込完了件数」を比較すると約2.4倍となったことに加え、月間申込完了件数ベースでの「平均月額基本利用料」は1,290円(2016年10月)から1,600円(2017年2月)へと順調に成長を続けております。

ということで、「申し込み件数」、「平均月額基本利用料」ともに成長しているそうです。

やはり、申し込み件数は増えているということです。

ここから、テレビCMも放送されるので、さらに増えていくのでしょうね。これで、回線速度が落ちるということがないことを願いたいところです。

上昇する「コミュニケーションフリープラン」比率および「音声通話SIM」比率

月別の申し込みプラン比率をみると、「コミュニケーションフリープラン」の割合が46%(2016年10月)から66%(2017年2月*MUSIC+プランを含む)へと増加していることに加え、「音声通話SIM」の申し込み比率が50%(2016年10月)から65%(2017年2月)へと上昇し、「LINEモバイル」がメイン端末として選ばれる傾向が高まっていることがわかります。また、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)による申し込み比率も32%(2016年10月)から44%(2017年2月)へと増加しています。

LINEモバイルは、コミュニケーションフリープランがいいですよね。音声プランも増えていて、MNPも増加しているということです。

評判がいいから、LINEモバイルへとMNPしている人も多いのでしょう。

LINEモバイルの料金プラン。価格、月額料金。通信容量などのまとめ LINEフリープラン コミュニケーションフリープラン MUSIC+プラン データの増量は?データの繰越は? LINEモバイルでは、端末も販売 結局、どれがオススメ?LINEモバイルの料金プラン LINEモバイルは、回線速度も速いです..

 

最も満足している点は「プランの価格/シンプルさ」(73%)

 「LINEモバイル」の満足している点を問う質問では、上位5位が「プランの価格/シンプルさ」73%、「カウントフリー機能」55%、「データ繰り越し」42%、「通信速度/安定性」40%、「LINEの他サービスとの連携(LINEポイント、年齢認証)」37%となり、「LINEモバイル」ならではのサービス展開や安定性などのサービス運営面において支持いただけていることがわかりました。

プランの価格とシンプルさが満足度が高いようです。

意外と、通信速度/安定性は多くないのですね。でも、これで、回線速度が遅くなったら、価格が安くてシンプルであっても、あまり意味がないですよね。他の格安SIM提供会社と同じになってしまいます。

 

「カウントフリー対象サービスデータ通信量」の割合は27%

「LINEモバイル」全データ通信量における「カウントフリー対象サービスデータ通信量」の割合が27%(2017年2月1日~28日)を占めていること

 「カウントフリー対象サービスデータ通信量」の割合は27%だそうです。3割近くは、カウントフリーになっている。

逆に言うと、LINEモバイルで、SNSを利用する人は、3割ぐらいは、データ量がお得だということですよね。

そういう意味でも、LINEモバイルのSNSカウントフリーは、お得だということですね。

 

プラン・速度・サポート体制に注力してきた

LINEモバイルは、シンプルなプラン、安定した速度の提供、24時間365日対応のいつでもヘルプサポートと、3つに注力してきたそうです。

こういったことが、ユーザーからの高い満足度を得ることに寄与しているのでしょう。

私も、個人的に、LINEモバイルの速度など、満足しています。

LINEモバイルに期待したいこと

LINEモバイルに期待したいことは、1つですね。

このまま速度を維持してもらえることを期待したい

LINEモバイル

2017年3月時点では、ドコモ系の格安SIMを選ぶなら、LINEモバイルということになるだろうと思います。

今後、不安なところは、速度低下がないのかというところだけですね。これまでの格安SIMのパターンは、サービス開始当初はユーザーが少ないから速度が速いのですが、それからしばらくすると、速度が遅くなるというものでした。

「今後も安定した速度を提供する」と言っているので、ネットワークの増強を早め早めで行っていってくれることを期待したいですね。

LINEモバイル、ビックカメラとヨドバシカメラでSIMカード即日渡しを開始。まずは10店舗から

 

LINEモバイルが、ビックカメラとヨドバシカメラでSIMカード即日渡しを2017年3月15日から開始するそうです。まずは10店舗から開始するとのこと。

LINEモバイル

f:id:kobatikarani:20170310105853p:plain

mobile-blog.line.me

 

LINEモバイル、ビックカメラとヨドバシカメラでSIMカード即日渡しを開始。まずは10店舗から

LINEモバイルは、これまで、ネットのみでした。

これが、ビックカメラとヨドバシカメラの店頭でSIMカード即日渡しが開始されます。

これは、LINEモバイルを検討している人に良いですね。

店舗一覧

即日受渡しカウンター開設店舗

ビックカメラ 有楽町店

ビックカメラ ビックロ

ビックカメラ ラゾーナ川崎店

ビックカメラ 名古屋駅西店

ビックカメラ なんば店

ヨドバシカメラ 新宿西口本店 

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba

ヨドバシカメラ マルチメディア横浜

ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン

ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 ※3/18より

 

この10店舗で、SIMカード即日渡しが可能ということですね。大きなお店では可能ということでしょう。

 

また、以下のお店では、LINEモバイルのエントリーパッケージも扱っているということです。


エントリーパッケージ取り扱い店舗
ビックカメラ 池袋本店
ビックカメラ 本店パソコン館
ビックカメラ 池袋東口カメラ館
ビックカメラ 池袋西口店
ビックカメラ 有楽町店
ビックカメラ 赤坂見附駅店
ビックカメラ 新宿西口店
ビックカメラ ビックロ
ビックカメラ 新宿東口駅前店
ビックカメラ 渋谷東口店
ビックカメラ 渋谷ハチ公口店
ビックカメラ 立川店
ビックカメラ 聖蹟桜ヶ丘駅店
ビックカメラ JR八王子駅店
ビックカメラ ラゾーナ川崎店
ビックカメラ 横浜西口店
ビックカメラ 新横浜店
ビックカメラ 藤沢店
ビックカメラ 相模大野駅店
ビックカメラ 柏店
ビックカメラ 船橋駅店
ビックカメラ 大宮西口そごう店
ビックカメラ 水戸駅店
ビックカメラ 札幌店
ビックカメラ 新潟店
ビックカメラ 浜松店
ビックカメラ 名古屋駅西店
ビックカメラ JR京都駅店
ビックカメラ なんば店
ビックカメラ あべのキューズモール店
ビックカメラ 岡山駅前店
ビックカメラ 広島駅前店
ビックカメラ 天神1号館
ビックカメラ 天神2号館
ビックカメラ 鹿児島中央駅店
ヨドバシカメラ 新宿西口本店
ヨドバシカメラ マルチメディア新宿東口
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
ヨドバシカメラ マルチメディア錦糸町
ヨドバシカメラ マルチメディア上野
ヨドバシカメラ マルチメディア町田
ヨドバシカメラ 八王子店
ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺
ヨドバシカメラ マルチメディアさいたま新都心駅前店
ヨドバシカメラ マルチメディア横浜
ヨドバシカメラ 横浜駅前スマートフォン・携帯売場
ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン
ヨドバシカメラ マルチメディア京急上大岡
ヨドバシカメラ 千葉店
ヨドバシカメラ マルチメディア新潟駅前店
ヨドバシカメラ マルチメディア宇都宮
ヨドバシカメラ マルチメディア郡山
ヨドバシカメラ マルチメディア仙台
ヨドバシカメラ マルチメディア札幌
ヨドバシカメラ アウトレット京急川崎
ヨドバシカメラ マルチメディア梅田
ヨドバシカメラ マルチメディア京都
ヨドバシカメラ マルチメディア名古屋松坂屋店

ビックカメラ.COM
ヨドバシ.com

 

LINEモバイルのエントリーパッケージ、Amazonでも扱っていますよね。

 

 

記念イベントを実施

 また、即日受渡しカウンター開設を記念してイベントを開催するそうです。

初日の3/15(水)9:00より、ビックカメラ 有楽町店とヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで記念イベントを開催されるとのこと。
LINEモバイル初のCMに登場する女優のんさんも、有楽町店のほうに壇上予定だそうです。

LINEモバイルもCMを開始するんですね。そして、そのCMには、のんさんが登場ということです。このところ、あまりテレビで見かけられなかったですから、話題になりそうですね。LINEモバイルも思い切ったことをしますね。


ただし、各会場、スペースに限りがあるため、一般の方の観覧をご遠慮いただく可能性があるということで、ちょっと残念ですが。

会場など

■ビックカメラ 有楽町店
 -日時:2017年3月15日(水)午前9:00~9:30頃
 -場所:ビックカメラ 有楽町店(千代田区有楽町1-11-1)1F店舗入り口前スペース
 -登壇者:LINEモバイル新TVCMタレント のんさん
   株式会社ビックカメラ 執行役員 有楽町店 店長 佐藤壮史様
      LINE株式会社 取締役 CSMO 舛田淳
 -内容:ご挨拶、テープカット、フォトセッション

■ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
 -日時:2017年3月15日(水)午前9:00~9:30頃
 -場所:ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba(千代田区神田花岡町1-1)第一エントランス前 イベントスペース
 -登壇者:株式会社ヨドバシカメラ 専務取締役本部長 日野文彦様
      LINEモバイル株式会社 代表取締役社長 嘉戸彩乃
      LINEキャラクター(ブラウン、コニー)
 -内容:ご挨拶、テープカット、フォトセッション

 

来店でLINEスタンプが貰える

また、即日受渡しカウンターの開設を記念して、下記対象店舗ご来店の方もれなく全員に、期間限定で人気LINEスタンプクリエーターナガノさんの「SNS大好きくま」がもらえるとのこと。 来店されたときにもらいたいですね。

対象店舗

ビックカメラ 有楽町店
ビックカメラ ビックロ
ビックカメラ ラゾーナ川崎店
ビックカメラ 名古屋駅西店
ビックカメラ なんば店
ヨドバシカメラ 新宿西口本店
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
ヨドバシカメラ マルチメディア横浜
ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン
ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 ※3/18より

スタンプ獲得条件

Bluetoothをオンにし、対象店舗に来店。 届いたメッセージからスタンプショップに飛び、LINEモバイル公式アカウントを友だち追加する。

実施期間:2017/3/15〜

スマホのBluetoothをオンにしておくと、メッセージが届いて、そこからスタンプショップに飛んで、もらえるようです。LINEモバイル公式アカウントを友だち追加しておくのも必要なようですね。 

LINEモバイルの店舗でできること

・新規の申し込み
・MNP転入での申し込み
・即日の受け渡し ※店舗により取り扱いがない場合あり
・エントリーパッケージ取り扱い ※店舗によりお取り扱いがない場合があり

 

LINEモバイルの店舗では、こういったことができるということで、即日の受け渡しもできるそうです。

LINEモバイルについての相談や問い合わせなどもできるのでしょうかね。できると良いですよね。まあ、初日などは混みそうですが。

 

契約に必要なもの

・本人確認書類
・クレジットカード(またはLINE Pay、LINE Payカード)
・メールアドレス
・MNP予約番号 ※他社からお乗り換えの方のみ

こういったものがないと、LINEモバイルの契約はできないということなので、必要なものを揃えて、店舗に行ってみると良いですね。

 

LINEモバイルの料金プラン

ちなみに、LINEモバイルの詳しい料金プランは以下の記事で説明しています。

 

コミュニケーションフリープランがおすすめですね。

LINEモバイル

 

LINEモバイルの料金プラン。価格、月額料金。通信容量などのまとめ LINEフリープラン コミュニケーションフリープラン MUSIC+プラン データの増量は?データの繰越は? LINEモバイルでは、端末も販売 結局、どれがオススメ?LINEモバイルの料金プラン LINEモバイルは、回線速度も速いです..

LINEモバイルの春のキャンペーン

また、LINEモバイルは、春のキャンペーンも行っています。

1.春の新生活応援キャンペーン

2.3ヶ月連続で3GBデータ増量キャンペーン

とくに、この2つはお得ですね。

 

LINEモバイルの春の新生活応援キャンペーンでは、音声通話SIM(データ+SMS+音声通話)で新規に利用開始された方全員の、6月と7月の月額基本利用料が無料ということで、LINEモバイルは、初月が無料なので、3ヶ月分が無料です。

このLINEモバイルのキャンペーンは、2017年3月31日までに利用を開始した方が適用ということなので、そろそろ急いだほうがいいですね。(申し込みだけでは適用されません)

 

LINEモバイルが、キャンペーンを行なっています。そこまで多くはないのですが、今ならお得なので、まとめおきます。 LINEモバイル まず初めに書いておくと、2017年3月31日までの利用開始の2つのキャンペーンをやっていますね。 1.春の新生活応援キャンペーン 2.3ヶ月連続で3GBデータ増量キャン..

LINEモバイルもいよいよ店舗やCMを展開

LINEモバイルもいよいよ店舗やCMを展開していくようです。

これで、ユーザーが増えて回線速度が遅くなるということにならないようにしてほしいものですね。

最近、少し回線速度が遅くなっています。それでも、格安SIMとしては十分速いのですが。

やはり、LINEモバイルの良いところは、回線速度でしょう。ここが遅くなると、あまりメリットは無くなってしまうかもしれません。

SNSがフリーというのはいいですが、回線が遅いなら、あまり意味がないかもしれませんし。

 

LINEモバイルを店舗に行かずにネット申し込み

確かに、店頭だと、安心感がありますね。わからないことは聞けるのだろうと思います。ただ、時間を作らないとならないですし、まだ10店舗です。遠いといけないですよね。

 

LINEモバイルは、店舗に行かずに、ネットで申し込みが可能です。

LINEモバイル

やってみると、全然簡単ですし、家にいてできるので、楽です。

もちろん、対応端末がないと使えないので、自分のスマホで使う場合は要確認ですね。

iPhone7だと、SIMフリー版、ドコモ版が使えますね。

LINEモバイルのSIMが届いた。iPhone7でも使える。LINEモバイルを使い始めて、回線速度測定や使用しての感想など - LINEモバイルの格安SIM情報ブログ

ということで、LINEモバイルの店舗は遠くていけないという方は、ネットからどうぞ。

今ならキャンペーンでお得ですし。